応募先を限定し過ぎる転職活動は失敗の可能性大

選択肢を増やし比較検討するのが転職成功のポイント

転職活動は非常に面倒な作業の連続です。
求人情報を探すこともそうですし、自己分析等の作業も面倒に感じるでしょう。
応募書類の作成や、面接が面倒と感じる人もいるはず。

医師は日々忙しく激務をこなしています。
そんな中でこれだけの作業を行うわけですから、面倒に感じてしまうのも仕方がありません。

しかし、転職活動というのは冒頭に述べたように、面倒な作業の連続によって成り立っています。
そして、その作業を放棄すれば、必ず後悔することになるでしょう。

医師の転職でよくある失敗の原因の一つに、応募書類の作成や面接が面倒だからという理由で一つの病院だけ受ける、というものがあります。
医師転職で失敗しがちな「コネ転職」はこちら

これがどのような結果を招くかと言えば、病院など医療施設の詳細な環境や内情を知らずに転職してしまうことでキャリアアップに繋げられる仕事ができなかったり、より面倒な人間関係に巻き込まれたり、あるいは劣悪な勤務環境の中で働かなければならなかったりと、自らのキャリアを傷つけるようなことが起こり得るのです。

あくまでも可能性の話ではありますが、面倒な作業を怠りながら転職活動を行うと、入ってから後悔することが非常に多い、これは間違いないでしょう。

忙しい医師だからこそよくある失敗事例として挙がることの多いこのような事例。
面倒かもしれませんが豊富な情報を元にできるだけ選択肢を増やし、それから比較検討しつつ転職活動を進めていきましょう。
それが、新しい医療施設に入ってから後悔してしまう事態を避けるための重要なポイントとなります。

一つの病院だけ受けるのは言語道断。
多くの選択肢の中から複数の医療施設を選択し、積極的に面接を受けることをおすすめします。

面接を受けることでわかることがある

面接を受けるということは、その医療施設で実際に働いている人、内情を知る人とコミュニケーションを図ることができるということです。
転職にとってこれがいかに重要なことなのか、医師であっても転職未経験者にはわかりにくいかもしれません。

面接を受けコミュニケーションを図ることで、院内の雰囲気や活気、方針、どのように医師と接する病院なのか、その他理念や考え方なども見えてくることがあります。
もしそこで自分の思っているような施設ではないと判断できれば、仮に採用の報告があったとしても断ることができ、入ってから後悔することもなくなるでしょう。

一つの病院しか受けていなければ、もし面接時にあまりいい印象を持たなかったとしても、採用されれば転職することになるはず。
面接などが面倒で一つの病院しか受けていないのであれば尚更でしょう。

このような転職では、当然後悔する可能性が高くなってしまいます。
面倒であってもできる限りの医療施設と接触し、それぞれの情報を集めておくことが、転職を成功へと導くことにつながると認識しておくべきです。