紹介で転職先を決める人が犯しがちな失敗とは

コネや紹介は選択肢の一つにとどめること

医師が転職する際、よくある失敗の中に、知人等の紹介で転職をしたら悪い結果となってしまった、というものがあります。
しばしば見られる失敗なのですが、多くの人が同じ轍を踏み続けてしまっているのです。

その理由は、人はどうしても楽をしてしまう傾向があるから、と言えるでしょう。

先輩や上司、あるいは医師仲間やその他知り合いなどから、「いい病院があるけど紹介しようか」などと言われると、転職活動をしなくてもよくなり求人情報等も集めなくて済むため、その方が楽だと考えがち。

しかし、こうしたコネを頼って転職をしてしまうことで、紹介先の医療施設の情報収集が疎かになり、思ったような働きができない、あるいは収入がアップできないなどといったマイナスの面が、転職後に浮き彫りになることが非常に多くあるのです。

また、コネで転職をすると、もし上で示したような不都合が出てきた場合に退職しづらいという弊害も出てきてしまうでしょう。
思ったような活躍ができなければ、紹介してくれた人にも迷惑をかけることになりかねません。
転職する時は楽かもしれませんが、メリットばかりとは限らないのです。

知り合いなどの紹介で転職先を決めることは否定しませんが、あくまでも選択肢の一つと認識し、自らも求人情報などを集め比較した上で最終的な決断を下すことをおすすめします。

客観的かつ冷静になることで防げる転職の失敗

コネや紹介によって転職先を決めることで起こりうる、上記のようなよくある失敗例。
これを防ぐためには、紹介だけに頼った転職を控えることはもちろん、客観的に物事を見定め、冷静になりながら転職活動を行うことが求められます。

客観的な視点で眺めたい物事とは、例えば医療施設についてもそうですが、自分自身についても当てはまります。
また、医療業界の流れやニーズといったものも客観的に眺めることで、自分が本当に望んでいる転職というものが見えてくるはずです。

それは冷静さを保つことにもつながるでしょう。
無理に急いだり、人間関係が壊れるからと紹介先を優先したりすれば、納得できない、でも退職しづらい、そんな後悔をすることになるかもしれないのは自分自身です。

一旦冷静になり、紹介などの話が本当に自分にとって有益かどうかを判断しなければなりません。

つまり、自分の意志で決めること、これを厳守しなければならないということ。
自分の意志で決める、これを大前提に転職活動を行えば、もし仮に転職に失敗してしまったとしても、それを受け入れることができるはず。

転職は自らのキャリアを決定づけるイベントですから、他人任せにするのだけは避けたいものです。