転職で失敗しないためのポイントは情報収集

転職先を見極めるのに必要な濃厚な情報

医師転職に必要なのは、できるだけ多くの、そして正確な情報を集めることです。
情報量が転職の成否のカギを握ることは間違いありません。

情報量が少なく薄い人は、今や「情弱」と言われてしまうほど。
医師転職においても情弱であれば、思ったような転職ができずに、医師としてのキャリアに大きな穴を開けてしまうことになるでしょう。

転職で最も重要な情報は、各医療施設に関するものです。
どのような病院であるのか、どのような人が働いているのか、設備や環境、人間関係や診療科目間の関係性など、医療施設側が求人には決して記載しない部分の情報をどれだけ集められるか、これが転職に失敗しないために重要なポイントとなります。

求人に記載されない部分の情報を集めるためには、それぞれの医療施設の内情に詳しい人に話を聞く必要があります。
また、下見や見学を積極的に行い、自分の目で確かめる作業も疎かにはできないでしょう。

最終的に決断するのは自分自身ですから、求人情報を鵜呑みにするのではなく、また、面倒だと感じるのでもなく、気になる医療施設へは自ら足を運び、自分にとっての濃厚な情報を集めることを怠らないようにしなければなりません。

エージェント利用で効率のいい下見と情報収集を

医師自らが医療施設側へと直接問い合わせ、下見や見学をさせてもらいたいと願い出れば、おそらく受け入れてもらえるでしょう。
医療施設側も、医師が転職の際に勤務環境を重視して応募先や転職先を決めるということは理解しています。

しかし、医師もそれほど暇ではありません。
アポイントメントを自ら取るだけでも時間がかかりますし、そこから日時の調整を行い実際に医療施設を訪れるとなると、それができる病院やクリニックの数が限定されてしまうでしょう。

そのような問題を解決してくれるのが、医師転職のためのエージェントです。
医師転職ドットコムなどに代表されるエージェントタイプの求人サイトを利用すれば、コンサルタントが下見や見学のためのアポ取り、日時調整等面倒な作業を代行してくれます。

また、コンサルタントは上で触れた「医療施設の内情に詳しい人」でもありますから、話を聞くだけでも非常に有益な情報を獲得することができるはずです。

転職に失敗しないための情報収集は、エージェントやコンサルタント抜きでは難しいと言っても過言ではありません。
そして、下見や見学抜きでも転職には成功しないでしょう。
失敗、そして後悔しないためには、意味のある情報収集を行う必要があるのです。