応募先を限定し過ぎる転職活動は失敗の可能性大

選択肢を増やし比較検討するのが転職成功のポイント

転職で失敗しないためのポイントは情報収集

転職先を見極めるのに必要な濃厚な情報 <...

入念に調べておきたい院内の人間関係や雰囲気

院の雰囲気を把握しておかないことのリスクとは

勝手なイメージで病院を判断してはいけません

運営や経営に関するチェックも必須です <...

紹介で転職先を決める人が犯しがちな失敗とは

コネや紹介は選択肢の一つにとどめること ...

転職の失敗を防ぐために明確にしておきたいこと

 

転職活動前に整理しておきたい転職する理由

医師という職業に就くこと自体が、世間一般からすれば成功者の証となるのでしょう。
しかし、医師として転職するとなると、その先に必ず成功があるとは限りません。
イメージした通りの、あるいはキャリアプランに沿った転職ができなければ、それはその人にとっては「転職失敗」となってしまうのです。

医師転職でありがちなのは、転職先の選択ミス。
自身にマッチした病院やクリニックなどが他にもあるにもかかわらず、何らかの理由でそれに出会えなかった、もしくは選ばなかったことで、この選択ミスが起こります。

転職理由を明確にしておかなかったこと、これもそうした失敗の原因となるでしょう。
なぜ転職しようと思ったのか、その決断は自分にとって本当に必要だったのか、こうしたことを整理しないままに転職活動に乗り出してしまう医師の多くは、失敗を経験することになります。

転職の失敗でよくあるのがコネや紹介での転職です。
コネを頼って楽に転職をしてしまうことで、転職理由が曖昧になり、のちに後悔するケースが多いのです。
紹介で転職先を決める人が犯しがちな失敗

当然です。
転職理由がはっきりとわからなければ、転職先に求めるものや明確なキャリアプランが見えてくるはずもありません。

転職活動前に、必ず転職する決意をした理由を明確にしておきましょう。
自分の言葉で整理し、それに違和感を持たない程度にまで整理しておけば、医師転職はスムーズに進んでいくはずです。

希望条件や妥協条件も明確に

転職活動前に、次に勤めることになる医療機関に求める希望条件もクリアにしておいてください。
上で説明したような転職する理由が整理されていれば、こうした条件の類も自然と見えてきます。

待遇に不満があって転職したいと思ったのであれば、どの程度の待遇を転職先に求めるのかを具体的に整理しておかなければいけませんし、スキルアップや臨床経験をさらに積みたいと考えているのであれば、それを叶えてくれる環境を次の医療機関に求めなければなりません。
スキルアップを目指す!実践的参加型プログラム
http://jamep.or.jp/seminar/

他にも、勤務時間や人間関係、当直やオンコールの有無など、その人なりのさまざまな希望・要望が考えられます。
それを希望条件とし設定しておくと、求人を探した際にも選択肢を絞りやすくなり、また、迷いも減ることで転職期間を短縮させることもできるでしょう。
これが転職の失敗を防ぐことに、大いに役立ってくれるわけです。

同時に、妥協できる条件も整理しておくことをおすすめします。
希望条件をフルに受け入れてくれる医療機関が見つかるとは限りません。
見つからなかった場合に妥協できる条件をある程度定めておけば、これも選択や転職期間の短縮に寄与するはず。

深く考えずに勢いだけで医師転職に乗り出すのだけはやめましょう。
少なくとも、ここで挙げたことは転職活動前に明確にしておくこと。
そうすれば不要な転職の失敗を防ぐことができます。

転職を失敗する人にありがちな条件や待遇へのこだわり

高望みすることで起こりうる転職の失敗

医師が転職に失敗してしまう事例は後を絶ちません。
転職する人がいれば、その内の何割かは必ずと言っていいほど失敗してしまいます。
転職に失敗してしまう理由はいくつか考えられるものの、最も多いのは、条件を高望みしてしまうことではないでしょうか。

例えば、高収入のみを目的に転職を志し、しかしそのせいで、いつまで経っても転職先が見つからずにキャリアにブランクができてしまう、これはよくある失敗例の一つ。
最初から低収入の求人を省いてしまえば、それだけでも選択肢が減ってしまいます。
高収入の求人は競争率も高いですから、容易に転職できるはずもありません。

また、高収入を提示している医療機関は、それだけ勤務時間が長かったり職場環境が悪かったりなどする可能性も高い。
転職後に、「イメージしていた職場と違った」などと後悔しやすくなってしまうのです。

当直やオンコールなどから解放されたいと願い、転職を試みる医師もいるのではないでしょうか。
体力的な問題や家庭との両立などでやむなくそうした選択をとる医師もいますが、逆に勤務時間にこだわりすぎると、やはり選択肢が減り、転職後には収入が激減したりやりがいを感じられない仕事しか任されなくなったりする可能性が出てきてしまいます。

条件や待遇にこだわるのは構いませんが、条件を高望みしすぎるのは控えておきましょう。
他の要素を無視することの代償は思いの外、大きいものだと感じるはずです。

重要なのは自身の市場価値とのバランス

上で説明したような、よくある失敗例を防ぐには、自身の市場価値をしっかりと把握しておくことが求められます。
単に高望みしなければいいというわけでもないのです。
今よりも良い環境を目指さなければ、転職する意味などそもそもないでしょう。

こだわりを持って転職に挑むことは、何も間違ったことではありません。
間違ってはいけないのは、自身の市場価値とのバランスです。

自身の市場価値に見合わないほど高い収入を狙えば、採用してくれる医療機関が見つかるはずもありません。
勤務時間にこだわりすぎるあまり他の要素に目がいかず、自身の市場価値以上の人材を探している医療機関に応募をしてしまっては、これも採用してくれる可能性は低くなってしまうでしょう。

市場価値とは、言い換えればニーズです。
自分のような医師を探し求めている医療機関と出会えるかどうかが重要であり、そのためには、自分自身の市場価値、つまり業界内でのニーズを把握しておくことが必要不可欠。

この点さえ押さえておけば、少なくとも自身の能力やキャリアに見合わない高望みによる転職失敗は防ぐことができ、現在よりも納得のいく転職先を見つけることができるでしょう。

転職活動を成功させるには

  転職理由を明確にしておく
  転職を決意した理由を明確にしておく
  次の勤務先に求める希望条件をクリアにしておく
  妥協できる条件も整理しておく
  条件や待遇がいい求人はそれなりに代償も大きいことを理解しておく
  自分自身の市場価値をしっかり把握しておく
  選択肢を増やし比較検討する
  医療施設を下見や見学し正確な情報を集める
  医療従事者の話を聞いたり、病院の雰囲気などを確認しておく
  医療機関の運営や経営に関わる点を入念にチェック

 

質問や本記事についてのご感想をください。

[お名前]
[評価]
[コメント]※必須